2010-04-21

ESET Smart Securityとの戦い

昔、NOD32というのは、非常に軽いという評判だったんで興味はあったんだけど(オレは昔からNorton AntiVirusの英語版を使ってて、ちょっと前はCAのe-Trustに浮気した覚えが。x64版があったんで)、今現在オフィスでESET Smart Securityというのを使ってる。

で、それを使ってからあった出来事。

  • Windows x64版のFirefoxをビルドする際に、インストーラを作成する段階で、7-ZIPな自己解凍形式のEXEファイルを作成するとき、その部分をUPXで圧縮をかけるんだけど、その圧縮かけたファイルをウィルスと常に誤検知。ということで、ビルドするときはESETをオフにするとかする羽目に
  • Symbianは今形だけオープンソースな感じなんだけど (カーネルビルドするのにRealView Complation Tools 2.2が必要で、これ約60万円。その状況でオープンソースです!ってアホすぎでしょ?。MicrosoftのShared Sourceと変わらない気が)、そのソースキットのとあるファイルをウィルスと誤検知してくれるおかげで、ソースキットのZIPファイルをダウンロードする際には、ESETをオフ
  • そうこうするうちに、NightlyのFirefox 3.7a5preのビルドがウィルスっぽいから、提出しますか?というダイアログが表示。これは昨日

当然提出しても、一向に変わる気配もないので(半年前から送り続けてる)、仕事では、ESET使いものにならないんで、非常に困ってる。。。この件で個人で買うことは絶対あり得ん。

なお、個人的にもう買うことはないと思っているものはもう一つあって、どこかのウィルス対策ソフトウェア。というのも、こいつのカーネルモードドライバが、ファイルアクセスを横取りするためにやってるやり方が、非常に行儀良くないやり方(Windowsのカーネルモード的にやるんだったら、フィルタドライバをファイルシステムの前にかますのが一番行儀いいやり方というか、それでやれよ)やるんで、ちょー嫌いだったからだけど。クラッシュダンプ見ると、もー消えてなくなれって感じだったし。NtCreateFileにジャンプ入れてなんて、DOS時代のフックアプリじゃねーんだから。

1 件のコメント:

Masayuki さんのコメント...

詳細設定の「除外」で"作業してるフォルダ\*.*"を指定してごまかせません?

# 自動テストがひっかかった時はこれで回避してました